「江戸•明治•大正•昭和•平成ー食卓で時代を楽しむ」

2014 年内 Dec/26まで延長いたします。    13:00 〜 18:00

 当初、12月14日までとご案内いたしましたが、リクエストを頂き展示期間を延長

いたします。

展示を入れ替え、12月16日からは「鉄」ものを少し展示いたします。

また、好評でした漆碗は新しく入りました。

18時以降の営業に関しましては、下記メールアドレスにご連絡いただければ可能な

限り対応させていただきます。

 

 TEL/FAX: 03-6803-0827

 Email : studio.tejima@tk9.so-net.ne.jp

 

恐れ入りますが、玄関にてインターフォンをお押し下さい。

 

 ●休日●

 2015年1月 19(月)/21(水)/26(月)/30(金)

 

上記、企画展示は終了いたしましたが、使いやすい器を中心にアンティークと現代ものを

展示しています。 また、中里花子さんの作品は常設展示しておりますが、数量に限りが

有りますので販売終了の場合はご了承下さい。

 

明治   九谷変形皿

昭和前期らしいです。  ガラスカップ

江戸後期 

古伊万里染付け変形皿(5寸)

to monohanako blog:http://www.monohanako.com/blog/

 

中里花子 箸置き
中里花子 箸置き
ラッピングは中里花子さん自ら考案したもの
ラッピングは中里花子さん自ら考案したもの

スワミヤ 

cohana お箸飾り

昨年の「箸置き展」から生まれた、お箸を飾るように使える箸置きです。「食卓の小さな華」をコンセプトに、ホーショー株式会社さんから商品化されています。

有元葉子+Studio Tejima  

コンセプトはハキリアリ:

意図しない、自然の造形の美しさ。一つとして同じカタチは有りません。食卓のオブジェとしてもお楽しみください。中南米のハキリアリは葉を切って運搬し、巣に持ち帰り、アリタケという種類のキノコを栽培して食糧にしている。